あにめっつ!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をつぶやく

関連記事

「」の記事をもっとさがす

人気の商品

ランダム記事



2014/12/08(月)
ユリ熊嵐 アニメ



yu_20141208200003400.jpg

宇宙のかなたで『小惑星クマリア』が爆発。何故か地球上の『クマ(熊)』が一斉に決起し人類に襲いかかり、ヒトとクマの間には巨大な『断絶の壁』が築かれ互いに不可侵な状態となった。嵐が丘学園の生徒、椿輝紅羽(つばき くれは)と 泉乃純花(いずみの すみか)が、二人きりで花壇に咲いた百合の花を見ていた。二人は『友だち』であり【 恋人 】。見つめ合う二人。その時【クマ警報 】が鳴る。クマがヒトの世界に侵入し、ヒトが襲われたのだ。ヒトの世界に侵入した!そのクマは果たして…?

http://yurikuma.jp/story.html








377: ななし製作委員会 2014/12/07(日) 18:26:44.69 ID:K/FO89ii.net

先行上映会、入場したガウ。
no title


379: ななし製作委員会 2014/12/07(日) 19:51:48.19 ID:VXMAWzFO.net

>>377
それ当たりつきがあるみたいだな
自分も377と中身一緒だった


382: 377 2014/12/07(日) 20:38:33.37 ID:dGhmYdYj.net

>>379
当たりなんてものがあるのか。

で、1話を見ての感想だが、正直なところこれで次回以降も
視聴継続しようと思わせるのは難しいのではないか。
ピンドラで言うところの、生存戦略とかRockoverJapan
みたいなフックが足りない。


381: ななし製作委員会 2014/12/07(日) 20:37:19.42 ID:I7c664kW.net

しょーじき、さっぱりわからなかったな
マンガの方とかなり設定が違うことはわかったが


383: ななし製作委員会 2014/12/07(日) 21:09:36.57 ID:8iCCtMEK.net

PVの第二弾で生存戦略的な変身シーンが映るけど
1話にはそういうマジカル場面はあったの?
あったけどパンチが足りなかったの?


384: ななし製作委員会 2014/12/07(日) 21:41:26.88 ID:Wn/2ZC34.net

パンチドランカーだから不必要に強いパンチを求めてないか。
まぁ俺も「あ、わりと普通」とか思ったけど。
普通だから分かり易いワケではないがな。


385: ななし製作委員会 2014/12/07(日) 21:47:43.89 ID:kPS+tr4M.net

変身シーンはちょっとエ口いくらいで思ったより普通
監督も言ってたけど裁判は映像的に凝ってたね


386: ななし製作委員会 2014/12/07(日) 21:52:48.26 ID:6kAtnxHN.net

トークでちょっと寝ちゃったから無性のあたりは聞いてなかった

OPやEDがインパクトでかいのでは?と思ってる
つーかあの流れで2話気にならない人いるの?


388: ななし製作委員会 2014/12/07(日) 22:05:11.18 ID:3QsogYy9.net

1話の途中でもういいや、
って人がいそうなくらいに内容が散漫だったかも
期待したいとは思うんだけど。
音楽と画のふんいきはピンドラに近いものを感じた


390: ななし製作委員会 2014/12/07(日) 22:17:41.08 ID:kPS+tr4M.net

OPはボンジュール鈴木「あの森で待ってる」だったかな
OPED共になし

BGMと映像は良かった
ストーリーは謎多過ぎだけど続きが気になるような引きだった


391: ななし製作委員会 2014/12/07(日) 22:21:19.31 ID:L+/DyQkK.net

誰・・・?感がすごい名前だけどググったらわりといい感じだった
てかすごいやくしまるっぽい


392: ななし製作委員会 2014/12/07(日) 23:47:32.64 ID:QSYOSoZ/.net

プロデューサーの司会が不慣れで見ていてひやひやしたが
幾原のトークは相変わらず飄々としていておもしろかったな


405: ななし製作委員会 2014/12/08(月) 14:29:38.30 ID:ZAzdzHxY.net

学校の中だから女しかでてこないのか
それともクマってのが男性の象徴ってことなのか
それにしてもわからないなぁ


410: ななし製作委員会 2014/12/08(月) 18:23:32.43 ID:bIRxdj/K.net

>>405
熊って最初は性別や性的指向絡みの何かなのかとぼんやり思ったけど
ライフセクシー、クール、ビューティーには性別がないとか言い出すしわかんないなぁ


元スレ http://hayabusa6.2ch.sc/test/read.cgi/anime3/1409101422/


イクニ歴代作品のセルフオマージュ多すぎで震えた…
手癖なの?わざとなの? #yurikuma

ウテナ第1話、ピングドラム第1話で経験したぽかーんをユリ熊嵐でまた経験できるぞー! #yurikuma

トークショー第一声が「みんなポカーンだと思いますが」のイクニ…
それピングドラム1話の試写のときにも聞いた… #yurikuma

ユリ熊嵐先行上映会わた。わっかんねー。いつもの事だけど。取り敢えず原作漫画(コミカライズ)もPVも見ないまままっさらで鑑賞したので、漫画は買おう
#yurikuma

ユリ熊嵐第1話本放送時のみんなの反応が楽しみですね。特にエロシーン!w #yurikuma

ユリ熊嵐1話見てきた~まるで意味がわからんぞ!でもユリで熊で嵐なのはわかった。クマショック! #yurikuma

ユリ熊嵐先行上映会終わった…。コミック版と全然違う!かなり視聴者を選ぶ内容、つまり第1話切りされる可能性が非常に高い。
ただのゆるゆる百合百合ブヒブヒは置いていかれる。 #yurikuma

まだ一話だけなのでなんとも言えませんが、幾原作品が好きな人は見て損はないはず。 #yurikuma

(1)ユリ熊嵐誕生まで:まわピンの現実逃避として。森島先生は一緒にやりたい作家さん候補だった。お会いした時の第一印象では、次の作品ではないかなと思っていたが、意外に早く(2〜3か月?)ご一緒することに。 #yurikuma

(承前)幾原監督は、ご一緒する作家さんの世界観に浸りたい派。いろいろな作品をインプットしていたとき、タイミングや直感もあり、森島先生に決まった。百合は、自分だけではなし得ないジャンル。作家さんの世界を借りるのは、今回に限らずやりやすい #yurikuma

(2)キャラ紹介:まず銀子。荒川さんもよく知らないそうで、活発ボーイッシュかとおもいきや、ひとりでもしゃべっているるるにもあいづちをうたないなど、クール。1話では「ミステリアスに」という指示があった。幾原監督「ミステリアスベアだね」 #yurikuma

(承前)幾原監督「デザインは狙ってかわいくしてるけど、それでいて不気味。目元、口元にゾンビっぽさがあり、残酷さや背後にあるニュアンスを出した」 #yurikuma

ちなみに、1話でもクマはわしわしヒトを食べており、これから大変なことになるそう。 #yurikuma

(2)キャラ紹介-るる:幾原監督にとってやったことがないタイプで楽しい。秘密を抱えているキャラ。 #yurikuma

(2)キャラ紹介-紅羽:意外に話を引っ張るキャラ。荒川さん「紅羽は人間なのか、ユリなのか…。クールのような、柔らかいような、不器用なようなキャラ。母がなくなってるのはクマとしては…」幾原監督「定番だね」 #yurikuma

(2)キャラ紹介-ジャッジメンズ:ヒトとクマの中間にいる、天使のような存在。無性。3人の絡み方は何パターンか案があり、議論になった(※実際は各キャラ紹介でしたが、この3人はあっさりでした) #yurikuma

裁判シーンについて。幾原監督もだが、スタッフがこだわっている。 #yurikuma

赤を基調にした美術は? なるべく奇をてらわないように。直感で自分の好きなものを出している。スタッフと阿吽の呼吸があり、意見を出しながら進めている結果。 #yurikuma

お気に入りのキャラは?幾原監督「言えない」荒川さん「銀子はもちろん、紅羽のお母さん!憧れの母像です」 #yurikuma

幾原監督「紅羽のお母さん、ほんとに死んでるの?」
吉沼P「さすがにそれは反則では…」 #yurikuma

百合多めの幾原作品ですが、今回の百合ポイントは?幾原監督「タイトルから入った。思いついた時これしかないと思った。自分でもすごいなあと。犬警察のデカワンコっていう案もあって…このタイトルは森島先生に会う前に思いついて、このタイトルでやるなら先生しかない!となった #yurikuma

(3)アフレコエピソード:荒川さん「ジャッジメンズのなかで、学校のガヤにも参加しているのが山本さん。女の子のガヤがうまいんです」 #yurikuma

生田さん、荒川さんへのクマケーキは幾原監督が北海道から取り寄せたそうで、他には新巻鮭というチョイスもあったそう…… #yurikuma

音響監督兼任について。あまり言えないが、キャスト演技からのフィードバックはある。もちろんダメ出しはするが、教えられることもあり、それはキャラにも反映されている #yurikuma

荒川さん「じゅるり、などそのまま読んでほしいと言われることもあり、SEを読まされることも。説明を求めても、〜と思うんですが、想像では〜と言われたり、かわされてます」幾原監督「僕が?」吉沼P「幾原監督は、ジェスチャーの多い監督ですよね…」 #yurikuma

キャストの方はファーストインプレッションを大事にするよう言われているようで、監督も指示する前に、キャストの皆さんがつくってきたキャラを見たがるようです #yurikuma

このあと、制作現場の変遷についてちょっとお話が。キャストの演技、録音環境の進歩、幾原監督が大人になったこと?などなど、いろんなことが変わって、幾原監督のやれる幅が広がったそう #yurikuma

(4)告知:漫画版、小説版(挿絵?は森島先生)、スターティングガイド、C87出展。新情報はボンジュール鈴木さんのOP「あの森で待ってる」2月25日発売、1200円。ちなみにこの曲、今日聞いてません #yurikuma

(5)さいごに:幾原監督「こんなに集まってもらえて感激。絶賛追い込み中なので応援よろしくお願いします。ガウ〜!(大迫力)」荒川さん「デビューからお世話になってる幾原監督の作品にまた出られてうれしい。がんばるので、ユリ熊嵐をよろしくお願いします!」 #yurikuma

今までよりももっと泥臭い感じがするなー。ピングドラムのようなアガペー的愛だとか、ウテナのような気高さや誇りは感じなかった。この愛の邪魔はさせない、邪魔者は退け退け!って感じ #yurikuma

紅羽の中の人、正直ちょっと心配してましたが、いいですよー!かわいいんだけどそれだけじゃないというか、多面性のある声というか、フラジャイルな感じ、というか、普通なのに、ありそうでない感じ…! #yurikuma

ちなみに、荒川さんの「ユリか人間かわからない」は超絶意味不明ですが、1話を見ればすぐわかります。レポートの範囲に1話ネタバレはあまり含まれないようにしましたが、逆に言うと1話を見ることでなるほど、となるところも多いはず #yurikuma

ピングドラムのときは新人および準新人をベテランで固める戦法でしたが、今回もそれがバッチリ効いてますよ!ジャッジメンズ、大人気の予感 #yurikuma

あと強く思ったのは、やっぱり幾原監督はシリアスとギャグの境界線がどっかに飛んでってますね… #yurikuma

ユリ熊嵐、1話だけだとウテナっぽい感じでした。監督がピンドラで煮詰まった時に出た次作の案の1つと言っていたので、ピンドラっぽさはない感じ。OP、EDは放送まで待ってね。と先行上映では流れませんでした。ウテナでもピンドラでもなく新たなイクニワールドを見たい方向 #yurikuma

ピンドラっぽくないとはいっても踏襲してる部分は多く見れます。ウテナ>ピンドラなだけです。ピンドラよりは人を選ぶ作品になるかなーという印象ですが、イクニが今描く世界観というのはやはり魅力的で、新しいファンが増えそうで嬉しいです。 #yurikuma

トークショーの話。ユリ熊はピンドラで煮詰まった時に逃避的に考えた次作案の1つ。因みにデカワンコという案もあったとか。今は技術的に出来る事が増えたので自分のやりたい事が出来ている。昔と比べて、スタッフも快諾してくれるようになった #yurikuma

トークショーの話2、昔と違い、アフレコ時に声優さんが作ってきた演技プランを受け入れられるようになった。昔はイクニが思っているのと違う演技の時は役者と衝突することもあった。今は自分も模索している事があるので役者の演技をみて刺激を受けている #yurikuma

トークショーの話3、荒川さんは銀子の印象が自分が思ってた以上に多面的でそこが印象的のよう。誕生日祝いに監督が北海道から取り寄せたケーキにはご満悦だった模様。荒川さんのお気に入りは銀子ママ。イクニは意味深な事を言っていたけど・・ #yurikuma

幾原さんは多くを語らないタイプのひとだけど、荒川さんを交えて、ポツリポツリと作っている側の話が聞けておもしろかった。なんでもそうだけど、作り手の話が聞ける場はホントに貴重だなって思う。もっとすきになれたり、あたらしい発見があったり。 #yurikuma

多くは語らないけど終始ガウガウ言っててかわいかった監督。 #yurikuma

最初は普通?の学園ものだったけど後半の裁判やら人食いやらの映像がやっぱりすごくてドキドキでした #yurikuma

熊が可愛かったし不気味なシーンも多かったしあとところどころエロかった #yurikuma

絵的なことを言うと、学園モノ+赤っぽい画面なのでウテナに近いのはたしか。ただ、もっとモダン+クマモチーフにより、耽美な雰囲気はあまりない印象。キャラクターは森島先生のニュアンスを壊さずにそのまま動いていて、住本さんすごい! #yurikuma


ユリ熊嵐 (1) (バーズコミックス)
森島 明子
幻冬舎 (2014-11-21)

freefont_logo_setofont.png





1話でわかるタイプのアニメじゃないし
かわいい女の子がゆるゆりする日常系ではない模様
PVにもある「食べちゃう」は物理かw


この記事をつぶやく

関連記事

ユリ熊嵐 」の記事をもっとさがす

  • 『艦隊これくしょん』ピザハットとコラボ!第六駆逐隊描き下ろしクリアファイルや神田店が艦これ仕様に!
  • 【アイマス】シンデレラガールズで「ラブライカ」ってユニット名を初めて聞いた時の感想wwwwwwwwww
  • デス・パレードとかいうアニメwwwwwwwwwwww
  • 『艦隊これくしょん-艦これ-』7話感想 正規空母はレズ、はっきりわかんだね。
  • アルドノア・ゼロの火星ロボはなぜ毎回単機で攻めてくるのか
  • デュラララ二期があまり話題になってなくて寂しいんだが
  • 艦これのアニメED「吹雪」が良曲すぐるwwwwwwwwwww
  • 人気の商品

    ランダム記事



    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    (スパム対策のためURLは貼れなくなっています)
    コメント
    管理人にのみ表示
    ページの一番上へ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。